こんにちは😊

 

ついに先週、兵庫県も梅雨入りが発表されましたね!

例年よりもかなり早い梅雨入りで、5月なのに梅雨か、とびっくりしました😲

 

梅雨入りすると気になるのが雨漏りです💦

雨漏りされているお宅で、原因を調べている際に多いのが、ベランダからの防水です。

 

ベランダの防水の寿命は約10年から15年です💦

外壁と同じようなサイクルで工事することをオススメします。

 

 

ベランダは層が重なって防水しています。

雨を防ぐために、防水層でおおわれています。

この3つの層がベランダの下地を守っています✨

 

 

ベランダの傷みのチェックや雨漏りは簡単に点検ができます✨

お家時間が増えた今、一度点検してみてください!

 

 

【初期】ベランダ・バルコニーに水が溜まる

ベランダに水が溜まるのは、

・排水口(ドレン)にごみが溜まっている。

・防水効果が切れてしまっている。

・雨水を自然に流すための勾配がついていなかった。

などの理由が考えられます。

まずは排水口の掃除をご自身で行い、水が流れるか見てみましょう。

 

【初期】藻が生える

藻のみの発生だと、しっかりと掃除をし、藻を取り除けば心配ありません。

 

 

【中期】表面の色あせ

床の表面が荒れている・色あせが見られるときは、トップコートの機能が低下してきています。

なるべく早くの塗り替え工事をおすすめします。

 

【中期】塗膜や防水層のひび割れ・剥がれ・膨れ

小さなひび割れや剥がれた箇所・膨れた箇所を見つけた際は、表面のトップコートの塗膜だけが傷んでいるのか、

防水層から劣化しているのかを見極めることが重要です。

こちらの見極めは素人では難しいので、業者に依頼するのをオススメします。

めくれた部分や浮き上がった部分がある場合は、トップコートや防水層だけではなく、

下地の工事も必要になるので大掛かりな作業になります。

めくれたり浮き上がる前に相談されるのをオススメします。

 

【末期】大きなひび割れ・剥がれ

 

大きなひび割れを放置すると、家の内部まで水が滲みこみ、腐り始めてしまう可能性があります。

より大規模な修理が必要となる可能性があります。

早めにメンテナンス依頼をすることをオススメします。

 

【末期】雑草の発生

ベランダ・バルコニーの床を割って、植物が芽を出している場合注意が必要です。

雑草の根や茎は、非常に強く頑丈です。

成長していく過程で、コンクリートを破壊してしまう恐れがあります。

放置してしまうと、防水層だけではなく、住宅自体を破壊させる危険性もあるため、

早急にベランダのリフォームを行って除去しましょう。

 

 

【機能終了】雨漏り

ベランダの床の防水性が失われると、水が建物内部へ侵入し、建物を支えている大事な柱や梁、

骨組みなどが錆びたり腐食させたりしてしまう危険性があります。

雨漏りはベランダ劣化の中で最も緊急性の高い状態です!

早急に業者に依頼し、雨漏りしている箇所をチェックしてもらいましょう。

 

 

弊社では、ベランダ防水の工事も行っています🎶

外壁塗装と一緒に点検を行うことも可能です!

プロの外壁診断士が、

今すぐ塗装するべきか?

1〜2年後にしても大丈夫🙆‍♀️

などなど、塗装の必要性を診断いたします!

そのほかにプロの目でお宅の劣化診断いたします☝️

 

お問い合わせはメールや電話はもちろん、LINEでも承っております😊

気になる部分を写真で送っていただいても診断します!

 LINEはこちら!(LINE ID @toiawase110)

 

インスタグラムも更新中です😊

 

@itopainting110

 

ホームページからのお問い合わせはこちら

お気軽にお問合せください👍

 

この度!弊社のアメブロが!開設されました✨✨

毎日更新しております✨

 

 

イトウ塗装は、姫路市だけでなく加古川市・高砂市・たつの市・相生市・赤穂市などなど近郊市も対応させていただいております😊

カテゴリー