お客様と話していると、このようなご質問をいただくことがあります。

 

 

メンテナンスフリーの外壁は現段階ではありません。

外壁には様々な種類があります。

種類によってはメンテナンスのやり方や、ご自身でできる外壁診断のやり方が変わります。

ぜひ一度お家の周りの外壁を確認してみてください。

 

 

【サイディングボード】

工場で製造した模様がついたボードです

サイディングボードは現場で運んで張り合わせて使用します。

職人の腕や経験に左右されず、均一な仕上がりが期待できる工法で、近年の新築住宅の主流です。

 

サイディングボードは繋ぎ目のシーリング材の寿命が10年と短いため注意が必要です。

またボード自体の変色や退色などの劣化もあります。

 

10年に1度のメンテナンスを!

 

 

【モルタル壁】

水、砂、セメントを高温で焼き固めたもので頑丈な素材とされます。

最近の新築物件では減っているようですが、30年ほど前までに塗られた家に多い工法です。

 

塗り固めた上に塗装するのが一般的で、塗装の仕上げの模様によって耐久性や耐水性に差が出ます。

劣化するとひび割れや亀裂などが発生します。

 

10年に1度のメンテナンスを!

 

 

【外壁タイル】

土や砕いた石などを高温で焼き固めたもので、頑丈な素材とされています。

耐久性、耐候性がよく、傷や汚れにも強いです。

 

ただしタイルそのものが劣化に強くても、接着面や目地部分の劣化は避けれません。

劣化により、タイルの剥離、シーリング部分からの浸水などが考えられます。

 

10年に1度のメンテナンスを!

 

 

お問い合わせはメールや電話はもちろん、LINEでも承っております😊

気になる部分を写真で送っていただいても診断します!

 LINEはこちら!(LINE ID @toiawase110)

 

インスタグラムも更新中です😊

 

@itopainting110

 

ホームページからのお問い合わせはこちら

お気軽にお問合せください👍

カテゴリー